ホームシアターブログ

プロジェクターとスクリーンで自宅で映画を楽しんでいます。

🎬 マスカレードホテル

 


f:id:AZM57:20210923042611j:plain

2019年 東宝

監督:鈴木雅之 原作:東野圭吾

出演:木村拓哉長澤まさみ小日向文世

【あらすじ】

都内で起こった3つの殺人事件は、予告連続殺人として捜査が開始された。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は、次の犯行場所がホテル・コルテシア東京であることを突き止める。警察は、コルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田がホテルのフロントクラークとして犯人を追うこととなる。事件は急展開を迎え、追い込まれていく警察とホテル。果たして、仮面(マスカレード)を被った犯人の正体とは…。

 

この映画は確か2回目のレビューだと思います。手帳を観ると昨年10月に観ていました。ちょうど一年前。記憶の中から見事になくなっていました(笑)。原作は未読です。最近映画を観終わったあと、自分自身が映画の内容を理解してるかということを考えるようにしています。改めてこの作品を観てみるとストーリーは難解だと思います。前半に怪しげなお客さんが来て、それぞれのエピソードが語られますが、そのほとんどは本筋と無関係です。ホテルでの苦労話、あるいはちょっとした人間模様としては楽しめなくはないですが、全体としてのミステリーさは観終わったあとに疑問が残ります。それと後半の山場である、キムタクが長澤まさみに「これは連続殺人ではない」と秘密の捜査情報を耳打ちするシーンがあります。するとなぜか長澤まさみは憤慨してそのことをお客さんに公表すると言い出すシーン、なぜ憤慨し、公表ってどういうこと?そのあたりがよく理解できませんでした。それと小日向文世が名古屋で情報をつかむところもよくわかりませんでした。この事件の真相は個人的な怨恨です。それをいかにもホテル全体に結びつけようとしているのが無理があるのかなぁて思ったりしています。ミステリーとしての出来栄えは、決して芳しいように思いませんが、豪華なホテルの景色を楽しんだり、優雅な音楽を聴いたり、ホテルでの仕事の一端や苦労などを知ることができる作品ですね。今公開中の「マスカレードナイト」ももちろん観ますよ(笑)。どないやねん(笑)

🎬 天国と地獄

f:id:AZM57:20210922053524j:plain

1963年 東宝


監督:黒澤明

出演:三船敏郎仲代達矢香川京子山崎努

【あらすじ】

ナショナル・シューズの権藤専務は、自分の息子と間違えられて運転手の息子が誘拐され、身代金3千万円を要求される。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して3千万円を用意する。無事子どもは取り戻したが、犯人は巧みに金を奪い逃走してしまい、権藤自身は会社を追われてしまう……。

 

映画ファンならやはり黒澤作品は観とかないといけませんよね。この作品も約150分ほどの長尺ですが、モノクロなので重みといいますか迫力感がありぐいぐいと迫ってくる感じであっという間の観賞でした。黒澤作品は「七人の侍」を筆頭に時代劇が多い感じですが、これはお侍さんを現代劇に変えた、懐かしい役者さんたちを楽しめるのと、昭和の街並みや風景を楽しませてくれるところもまたいいですね。ノンクレジットで大滝秀治さんや常田富士男さんなども出演されているのには驚きました。それとデビュー間もない山崎努、面影はたしかに残っていますが若い頃からストイック感がありありで犯人役がぴったりでした。ただ脚本で腑に落ちないところが1点あります。この作品は貧富の差の逆恨みからの犯行なんですが、山崎努演じる犯人は医者の卵でインターンの学生という設定です。お医者さんっていう職業を選ぼうとしている者が貧困にあえぐのかなぁ…(-.-)なんかそのあたりをどうして医者の卵を犯人にしたのかを知りたいところです。それにしても身代金の受け渡しは秀逸でした。模倣犯が現れてもおかしくないくらいだったと思います。当時のこだま号の中も楽しめるのも良かったです。

🎬 ソフィーの選択

f:id:AZM57:20210920124743j:plain

1982年 ユニバーサル

監督:アラン・J・パクラ

出演:メリル・ストリーブ、ケビン・クラインピーター・マクニコル

【あらすじ】

ニューヨークへやってきた駆け出しの作家、スティンゴはソフィーとネイサンに出会う。ソフィーはナチの強制収容所から逃げ延びた後、アメリカで出会ったネイサンと共に暮らし始めた。やがて三人は親しくなり、幸福な関係を築くかに見えたが…。

 

150分の長尺なので、ちょっと観るのをためらっていた作品でした。メリル・ストリーブがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。しかし彼女はアカデミー賞の常連ですね。なんと受賞が3回、ノミネートが18回、最高記録更新中だそうです。この作品は圧倒的な演技で終始見せてくれます。流石といったところなんですが、ジャケットの左側に写っている女の子の演技が凄すぎるんです。ほんの数分の出演なんですが、強烈に印象に残りました。映画の内容は賛否がありますが、アウシュビッツ収容所に関しての描写が思ったより少なすぎる感がありました。監督さんは三人の人間模様に絡めてナチ問題と絡めようとしているのが観ていてわかりました。このあたりが、本当に反戦を意識している映画ではないので、ちょっとピントがずれているなぁといったところです。アカデミー賞の監督賞も作品賞にもノミネートされていなのはこのあたりにあるのかなぁと思ったちょっと消化不良的な作品でした。

🎬 いま、会いにゆきます

f:id:AZM57:20210919080059j:plain

2004年 東宝

監督:土井裕康

出演:竹内結子中村獅童小日向文世

【あらすじ】

梅雨が訪れたある日、6歳の息子と暮らす巧(中村獅童)の前に、病気で死んだ妻・澪(竹内結子)が現われた。澪は死ぬ前に、1年後の雨の季節に戻ってくると言い残していたのだった。巧たちは記憶を持たない彼女を迎え入れ、再び家族としての生活を過ごすのだが…。

 

実に久しぶりの2回目の観賞でした。内容は見事に忘却の彼方に消え去っていましたので新鮮に観ることができました。中村獅童はいつもギラついている役どころの感がありますが、こういう内向的な役もできるんだと改めて感心しました。それと竹内結子、惜しくもお亡くなりになられましたがこの映画はやはり際立っていいですね。本当に惜しい女優さんを亡くしたと思います。で、この映画ですがぼんやりと何も考えずに家族や夫婦の会話や長野県らしき風景描写を観るにはいいのですが、どうもこの映画も時間軸を動かしているんですよね。そのあたりが自分にはよく理解できなかったというか分かりにくかったですね。どなたか理解されている方にわかりやすく教えて欲しいというところでしょうか。脚本としてはちょっとと思いましたが、やはり主役のお二人と子役がいいお芝居をされている、ファンタジー作品といった感じで観るのがいいかもしれませんね。時間軸を動かすのはデロリアンに乗っていくのが一番自分には単純でわかりやすいです(笑)

🎬 国際市場で逢いましょう

f:id:AZM57:20210918063755j:plain

2014年 韓国

監督:ユン・ジェギュン

出演:ファン・ジョンミン, キム・ユンジン, オ・ダルス

【あらすじ】

幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、父、そして妹と離ればなれになり、母と残された2人の弟妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親の代わりに家計を支えるため、西ドイツの炭鉱への出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働くなど幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必至に激動の時代を生き抜いた。最後に交わした父との約束のために…。

 

韓国映画はほとんど観ないのですが、覗かせていただいてるジュリアさんのブログでレビューされていましたので観てみました。それにAmazonプライム会員なのでプライムビデオだったので無料でした(^^)/。残念なのは吹替え版が無かったことで、結構台詞が多かったのでちょっと大変でした。加齢とともに吹替えが映画そのものに集中できます。邪道なのかもしれませんがやはり吹替えがいい。

物語は輸入雑貨の店を営む頑固な爺さんの回想というかたちで、韓国の近代史を遡っていきます。一つの家庭を通して、戦争が引き起こす悲しみや苦しみ、貧困や朝鮮半島の離散家族問題など、時代の流れが上手く組み合わされて描かれている映画だと思います。韓国らしい喜怒哀楽を表現するオーバーアクションもちりばめられていますが、今の幸せな自分たちはこの時代に生きた人々の悲しみ・苦しみの上に成り立っている事をあらためて考えさせられた映画でした。

ひとりの誠実な庶民の人生を通して、歴史を語るという手法は効果的ですね。炭鉱も戦場も命がけではありますが、悪人がほとんど出てこないので、気持ちのいいストーリーになっています。際立っての見せどころというのは特にありませんが、淡々としたところが良かったです。一つ難を言えば時間軸が入れ替わる手法をとっているんですが急に変わるので「あれっ」という感じになってしまいました。2回みればさらによくわかる作品だと思います。

🎬 ゼロ・ダーク・サーティ

f:id:AZM57:20210916053535j:plain

2012年 コロンビア

監督:キャスリン・ビグロー

出演:ジェシカ・チャステイン, ジェイソン・クラーク, ジェニファー・イーリー

【あらすじ】

華奢で青白く澄んだ瞳が印象的な女性、マヤ。情報収集と分析に天才的な感覚を持ち、ビンラディン捜索に巨額の予算をつぎ込みながら、一向に手掛かりをつかめない捜索チームに抜擢された。ある日、仕事への情熱で結ばれていた同僚が、自爆テロに巻き込まれて死んでしまう。その時、マヤの中の何かが一線を超え、もはや使命ではなく狂気をはらんだ執念で、ターゲットの居場所を絞り込んでいく…。

 

あまりコメントといいますか、レビューを書きずらい作品でした。当然、愉快な話しではありません。こういう映画を作るからまた憎しみが起こるのかなぁって思ったりします。最後の突入シーンで泣き叫ぶ子どもたちを描写していました。監督さんの気持ちはここにあるのかというか、ここにあってほしいと思ったなんとも言えない作品でした。もう観たくないかな。でも主役の女優さんは知らなかったのでとても気になりました。他の作品も観てみます。

 

🎬 ゴーン・ガール

f:id:AZM57:20210915053401j:plain

2014年 20世紀フォックス

監督:デビット・フィンチャー

出演:ベン・アフレックロザムンド・パイク

【あらすじ】

結婚5周年の記念日。誰もがうらやむような幸せな結婚生活をおくっていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。妻エイミーに何が起きたのか――。

 

この作品は面白かったです。長尺でしたがストーリも難解ではなく、わかりやすかったので一気に観ることができました。といいますかこの監督さんの作品には、はずれは無いと思います。エイミー役のロザムンド・パイクは綺麗ですね。この映画を観るまでは知らない女優さんでした。ニコール・キッドマンと似てる気がするのは自分だけかな。主人公ニックの双子の妹マーゴ役のキャリー・クーンがいい味出していて、二時間以上の映画の初めから終わりまで、物語のスパイスとして凄くいい仕事をしていて魅力感じました。でもこの双子の兄妹の関係が実に微妙なんです。これが兄妹と思うくらい。物語は二転三転して、結局行き着く所に行き着くんですけど、天国でも地獄でも無く、温い恐怖や不安がずっと続いていく嫌なエンディング。なんか人生って・・・そんな複雑な気持ちになれる映画です。