ホームシアターブログ

プロジェクターとスクリーンで自宅で映画を楽しんでいます。

🎬 八重子のハミング

2017年 アークエンタメ

監督:佐々部清

出演:升毅高橋洋子梅沢富美男

鑑賞:BS松竹東急

若年性アルツハイマー病を発症した妻を、在宅で献身的に介護をする夫とその家族を中心にした作品です。夫婦役の升毅高橋洋子の身体を張った演技がすさまじかったです。改めて役者さんって凄いなぁと思いました。アルツハイマー認知症、記憶関連の話はとても辛い話ですね。個人的には様々な病の中でも一番辛いのではないかと思います。生きているのに分からないそして赤ちゃんに戻っていく姿が正直辛すぎます。自分が将来そうなるのも嫌だし辛いし、家族がそうなってしまって介護して向き合う自信もありません。だからこそ見ないといけない映画なのかもしれません。エンタメ的な要素は全くありませんが、実話として日々を追うように物語は進んで行きます。こういうのも映画なんだと感じた1本でした。シルバー世代には見てほしい1本です。

 

🎬 ダイハード4

2007年 20世紀フォックス

監督:レン・ワイズマン

出演:ブルース・ウィルスジャスティン・ロングティモシー・オリファント

鑑賞:地上波デジタル放送(吹替え)

流石にこの年代になると犯罪もサイバーテロとかになってきますよね…今作の相棒も今までの相棒キャラと違って今時の若造って感じのジャスティン・ロングが演じてます。本来であれば逮捕される側の人間なのですが。ストーリー展開、テンポが良くて非常に面白い4作目でした。主人公の強さを表すド派手なアクションシーンを映像技術が際立たせていて映画の魅力を底上げしていました。登場人物の個性もしっかり作り込まれていて良かったです。今回はデジタル放送ということで画質音質ともはるかにDVDを上回っている感じがありました。やはりこういう作品はもうDVDで見る作品ではないのでしょうね。あっぱれでした。ブルース・ウィルスフォーエバ

🎬 つぐみ

1990年 松竹

監督:市川準 原作:吉本ばなな

出演:牧瀬里穂、中島朋子、真田広之

鑑賞:BS松竹東急

西伊豆松崎の梶虎旅館が舞台となっています。従姉のまりあ(中嶋朋子)の語りで綴られるつぐみという名の同級生の従姉(牧瀬里穂)の話。ともに18~19歳時の撮影ですから若く可愛いです。中嶋朋子の透き通るような美しさが印象的です。他には財津和夫あがた森魚安田伸が出演してるのも貴重だと思います。梶虎旅館はもう残念ながら無くなったらしいです。物語は不思議ちゃん「つぐみ」に惹かれ振り回されるお話。そのあたりの牧瀬里穂の演技は上手かったと思います。派手な割に静かに淡々と進んでいく、これが吉本ばななの世界なんでしょうね。それと昭和の俳優が続々出てきて懐かしかったです。今話題の真田広之も若いです(^^)/

 

🎬 ボブという名の猫2 幸せのギフト

2020年 イギリス

監督:チャールズ・マーティン・スミス

出演:ルーク・トレッダウエイ

鑑賞:地上波デジタル放送(吹替え)

1作目からの続編で、ボブとともに極貧生活を送っていた頃を振り返る展開になっています。2は貧困問題、社会的弱者、動物愛護により踏み込んだ内容になっていました。困っている人、動物に手を差し伸べ「救う」ということについていろいろ考えさせられつつも、終始ボブとジェームスのフレンドシップが微笑ましくてこちらも優しい気持ちになる作品です。時間も92分と空いた時間にサクッと見れる1本だと思います。

🎬 女優

1987年 東宝

監督:市川崑

出演:吉永小百合、森光子、石坂浩二中井貴一菅原文太

鑑賞:BS松竹東急

日本映画史を代表する大女優である田中絹代の半生を描いた市川崑監督のドラマ映画です。吉永小百合田中絹代を演じていますが、やはり美しさは際立っています。それと菅原文太演じる溝口健二監督が渋くて良かったです。こんな文太は見たことがないのでそういう面では貴重な1本だと思います。

🎬 ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

2017年 ユニバーサル

監督:ジョー・ライト

出演:ゲイリー・オールドマン

鑑賞:Amazonプライム(吹替え)

ダークナイト』シリーズでは優しいゴードン警部補のイメージが強いゲイリー・オールドマンですが、今回は短気で口が悪くイライラした演技と特殊メイクでチャーチル本人のように似ていると評判だった1本です。因みにオールドマンの特殊メイクを担当したのは、日本人メイクアップアーティストの辻一弘さんです。物語は戦争映画を第一線の戦場ではなく遠く離れた政治の場での駆け引きの面から見せることで、かえって現実味を感じました。『ダンケルク』の裏での国内外の交渉の様子が興味深かったし、英国映画らしいテンポの良さと時折皮肉を交えた展開は、最後まで飽きることがなく見れました。エンディング後の最後の最後に「あの音」を流したのもなんとも粋な終わり方でした。じっくりもう一度みてみたい1本です。

🎬 遥かなる山の呼び声

1980年 東宝

監督:山田洋次

出演:高倉健倍賞千恵子ハナ肇吉岡秀隆
鑑賞:BS松竹東急

もう何回も見た高倉健主演の作品です。やはりこの作品の健さんはかっこいいですね。最後の列車内の小芝居がとても素敵です。手渡したハンカチの色が黄色というのも粋な演出です。特に最後の列車の中のハナ肇は上手いです。最近はこの最後のシーンを見るためにあるような1本だと思います。今回はBS放送で見ましたが、DVDと違って映像が素晴らしく美しくなっています。やはりBDで手元に置いておきたくなる名作です。